スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

Tタッチについて

今日はMayuがカナダでお勉強してきた『TTouch』(Tタッチ)について少しご紹介。
このTタッチはアメリカのリンダ・テリトン・ジョーンズさんによって考案されたユニークなボディワーク。優しくリズミカルな指の動きで動物の心と体に働きかける。すると、神経系統を刺激し恐怖で興奮している動物を落ち着かせたり、リラックスさせたりする効果がある。また一般的に問題行動と言われている、咬む、吠えるなどを緩和する効果も。Tタッチはマッサージと違い、皮膚だけを刺激するもの。動物の皮膚にタッチし、時計の針の6時の位置から8時の位置までゆっくりと円を描く。あくまで優しく、ゆっくりと触るのがポイント!

その他にも、リーシ(リード)を馬の手綱のように犬の胸へかけバランスを取って歩かせる練習なども。姿勢を正しく保ってあげることで、犬自身が落ち着きを取り戻す効果がある。また、神経質で臆病な犬にボディラップ(体に布製テープを巻く)をして、刺激を与えて落ち着かせたりとバラエティなレッスンがいっぱい。
rabbit.jpg

◆神経質になっているウサギにボディラップをするトップインストラクターのローレンさん。この後、ウサギは大勢の生徒の前でも安心した様子でゆったりとくつろぎのポーズを見せた!

リンダ・テリトン・ジョーンズさんは米国のサンディエゴ動物園のコヨーテ、イグアナ、オウム、そして、象にも施術した経験もあり、世界中で注目されている人☆今回リンダさんの妹ロビンさんから直々にレッスンを学ぶことができたラッキーなMayu♪
iguana.jpg

◆ロビンさんがイグアナに施術している様子。このShyなイグアナちゃん。驚くことに、2日後には人間を怖がらないFriendlyな子になっていた!
20051104180726.jpg

◆TタッチのグラウンドワークのひとつHoming Pigeon(ホーミング ピジョン)。2人組みになって両サイドでリーシを持ち、羽を広げた鳩の形になるようにする。両サイドからの優しいシグナルで犬を正しい方向へ先導する練習。馬の調教で行っていたものをベースにしてある。
20051104130635.jpg
20051104130615.jpg

◆SPCA(アニマルシェルター)にて。トップインストラクター、デビーさんによる施術。スノーボールという名前のこの犬は山に捨てられているところを保護された。保護された時、顔と体の大部分の毛が抜け落ちてしまっていたそう。Tタッチの最中、次第に顔つきが優しく甘えた感じになっていったのをMayuは見たのだそう。スノーボールに早く新しい暖かい家族が見つかりますように!

Gibsons.jpg

◆今回のトレーニングの場所『Gibsons』。カナダ、バンクーバー空港から車で45分。フェリーに乗り換えて40分したところ。海と山に囲まれた穏やかな場所♪『The Sunshine Coast』と呼ばれている。あたちも一度行ってみたいなぁ~♪♪


スポンサーサイト


イベント | コメント(0) | トラックバック(0)2005/11/03(木)12:56

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

プロフィール

ココ

  • Author:ココ
  • ★ ココ 
      3歳のコーギー

    ★ 家族
       ken, mayu, さぁちゃん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。